www.americancottager.com

私が子供の頃、隣の家で秋田犬を飼っていました。 うちには犬がいなかったので、私はよく犬と遊ぶために、隣の家に行っていました。 ある日なぜか私が散歩に連れていくことになり、リードを持って犬を連れていきました。 飼い主からはあまり遠くに行かないように注意を受け、近所を犬と一緒にブラブラ歩いていました。 ただ犬は自分が思う通りの方向に行ってはくれません。 私はこっちだと力強くリードを引っ張っても、犬は逆の方向に行こうとするのです。 私がさらにリードを強く引くと、犬は嫌がり逆の方向へ行こうとします。 その時、犬の首からスポンと首輪が抜けてしまったのです。 自由になって犬は、走って向こうに行ってしまいました。 私は犬が逃げてしまい、どうしていいか分からずとりあえず家の前まで戻りました。 すると犬が走って、こちらへ帰ってきました。 帰ってきた犬に首輪を付けて、私は一安心しました。 現在結婚をして、我が家でも犬を飼っています。 小さい頃の経験から首輪はしっかりとはめるようにし、子供が散歩をしたいと言う時には必ず私が付いていくようにしています。
Copyright © 1999 www.americancottager.com All Rights Reserved.